動的にソフトウェアモジュールを変更可能なネットワーク資源管理システムの開発

宮本 崇弘  林 通秋  西村 公佐  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.1   pp.20-29
発行日: 2012/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワークシステム
キーワード: 
ネットワーク資源管理システム,  ソフトウェアモジュール,  OSGi,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
アプリケーションが,自身が必要とするネットワーク品質を直接ネットワークに要求し,迅速にネットワークに反映する仕組みとして,ネットワーク資源管理システム(NRM)の研究開発が進められている.NRMはネットワークを動的に制御するために,アプリケーションとのインタフェースに加えてネットワーク機器を制御するインタフェースをもつ.ネットワーク機器の制御インタフェース仕様は,コマンド体系等の違いにより機器に応じて異なる.したがって新たな制御インタフェース仕様をもつネットワーク機器を導入する場合,その仕様に対応したNRMの追加等が必要であった.そこで,制御インタフェース仕様の実装をソフトウェアモジュール化し,そのモジュールを動的に変更可能なソフトウェアアーキテクチャを提案する.提案アーキテクチャにより,構成情報データベースに機器の情報とともにソフトウェアモジュールの情報も登録することで,NRMの設定を変更することなく新しいネットワーク機器を制御することを可能にした.提案アーキテクチャを実装し,処理時間を大幅に増加させることなく,制御インタフェース仕様が異なるネットワーク機器を共通のNRMにより制御できることを実証した.