走行車両が高速度カメラを用いて情報を受信するユビキタス可視光通信のための複数情報源認識手法

白木 康建  山里 敬也  岡田 啓  藤井 俊彰  圓道 知博  荒井 伸太郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.11   pp.1517-1528
発行日: 2012/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ユビキタス・センサネットワークを支えるシステム開発論文特集)
専門分野: ITS
キーワード: 
LED,  可視光通信,  ITS,  複数情報源認識,  ブロックマッチング,  

本文: PDF(2.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
LEDを高速点滅させることで情報伝送を行う可視光通信は,あらゆる照明・表示機器に通信機能を付加できるためユビキタス通信技術として注目されている.中でも本論文では,LED信号機やLEDテールランプから車両へ情報伝送を行う可視光通信に着目し,自車に搭載された高速度カメラで複数情報源を同時に認識する状況を想定する.従来研究では情報源を一つと想定していたため,新たに複数情報源を認識する処理が必要となる.本論文ではブロックマッチングに基づく複数情報源認識手法を提案する.走行実験により情報源が複数存在する場合でも同時に認識でき,更に情報源でないものを誤認識する確率が改善することを確認した.