超音波測距センサによる人流観測センサネットワークの開発と評価

山本 寛  味呑 翔平  中村 勝一  山崎 克之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J95-B   No.10   pp.1273-1283
発行日: 2012/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (多様な社会要請に適応可能なインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
センサネットワーク,  ディジタルサイネージ,  超音波測距センサ,  人流計測,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
商店街における安全管理や設置されている広告の評価のために,人流計測は重要な役割を果たす.本論文では,商店街などの通路の人流を観測するために,対象物までの距離を計測できる超音波測距センサが取得したデータをセンサノード経由で収集し,サーバ側で解析する新たな人流観測センサネットワークシステムを提案する.また,センサが設置された通路を通過した歩行者の数・移動方向・移動速度に関する情報を活用して,商店街の安心安全や活性化に役立つ情報を出力するサーバ側の機能を提案する.提案システムを実際に商店街に設置して実証実験を行った結果から,商店街を通過する歩行者の数を高い精度で検出できることを示す.また,検出した歩行者数を統計的に処理することで,商店街の混雑度の推定に利用できることを明らかにする.更に,センサが計測したデータから歩行者の移動速度を推定でき,この移動速度をもとに商店街に設置されているディジタルサイネージの着目度を推定することで,サイネージの配信内容の改善に活用できることを明らかにする.