時空間周波数分析を用いた頭部インパルス応答に含まれる残響の検知と抑圧

森本 泰子  西野 隆典  武田 一哉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J95-A   No.7   pp.555-562
発行日: 2012/07/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (電子情報通信分野における萌芽的研究論文小特集)
専門分野: 騒音,振動
キーワード: 
頭部インパルス応答,  頭部伝達関数,  時空間周波数,  残響,  拡散性雑音,  

本文: PDF(811.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
立体音響に用いられる頭部インパルス応答の計測では,残響や背景雑音による影響を受けるため,これら影響要素の検知,除去が必要となる.本論文では,計測された頭部インパルス応答に含まれる影響要素を可視化するために,時空間周波数解析を導入する.時空間周波数解析の結果から,頭部インパルス応答の時空間周波数成分は特定の時空間周波数領域に集中し,残響や背景雑音の拡散性雑音に起因する成分は,頭部インパルス応答が現れる領域外にも現れることを確認した.更に,これらの結果から,頭部インパルス応答が現れる領域外の成分を抑圧する手法を提案し,実験の結果,提案する抑圧手法により高残響下で計測された頭部インパルス応答に含まれる残響を低減させることが可能であることが示された.