通過域平たんかつ阻止域L1近似の直線位相FIRフィルタ

森 幸男  相川 直幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J95-A   No.6   pp.491-499
発行日: 2012/06/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
L1ノルム,  通過域平たん,  FIRフィルタ,  直線位相特性,  凸射影アルゴリズム,  

本文: PDF(634.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,通過域が平たん,かつ阻止域L1近似の直線位相FIRフィルタの設計法を提案する.提案する伝達関数は通過域において平たんな特性を有する関数と,全体の関数が阻止域においてL1近似特性に補正する関数の二つから構成される.前者はヤコビ多項式から与えられる.後者の関数を得るために,まず,誤差関数の微分可能性及び誤差関数の変数の集合が凸集合であることを示す.そして,指数関数近似による予測を用いた効率の良い凸射影アルゴリズムを提案する.得られるフィルタは,阻止域をL2近似あるいはL近似する場合に比べて遮断特性がわずかに緩やかになるが,阻止域端付近のオーバシュートが最も小さく,通過域の中心周波数から阻止域端までの振幅の減衰が少なくなる.最後に例題によって本方法の有効性を確認する.