情報提示対話を主導するシステムのためのユーザの潜在的情報要求の推定

杉山 弘晃  南 泰浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J95-A   No.1   pp.74-84
発行日: 2012/01/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (人とエージェントのインタラクション論文特集)
専門分野: ユーザ状態推定
キーワード: 
情報提示タイミング,  人・エージェントインタラクション,  ユーザモデリング,  情報要求推定,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究では,ユーザへ情報を提示するシステムのための,ユーザの潜在的な情報要求の推定に基づく新たな情報提示タイミング決定方策を提案する.この方策により,システムは早過ぎる情報提示を抑制し,ユーザへ煩わしさを感じさせることなく主体的に情報提示することが可能になる.本研究ではこの方策におけるマルチモーダル情報の寄与を検証するため,最初に人と人のインタラクション実験を行い,利用可能なモダリティが変化したときの人が行う情報要求推定精度の変化について分析する.分析を通して,人はマルチモーダル情報を利用できないときは対話の流れを利用し,利用可能なときはマルチモーダル情報を利用することが示された.この結果をもとに,人の情報要求推定を実現するためのモデルを提案し,ユーザの潜在的な情報要求を表出させるよう設計した連想クイズ対話実験を通してその有効性を示す.