色相関を利用した適応的カーネル回帰に基づく画像補間

田中 正行  奥富 正敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J94-D   No.8   pp.1335-1345
発行日: 2011/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 光学的解析・画質改善
キーワード: 
適応的カーネル,  カーネル回帰,  画像補間,  色相関,  

本文: PDF(801.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,適応的カーネルを利用したカーネル回帰法が,デノイズ及び画像補間の分野で注目されている.しかしながら,従来のカーネル回帰法は,主にグレー画像に対する手法であり,カラー画像に対しては,チャネルごとに独立にカーネル回帰法が適用されている.そこで,本論文では,チャネル間の相関を利用した回帰関数モデルを提案する.また,従来手法では,カーネル関数は画像のテクスチャに適応的に設計されていた.しかしながら,特に不規則サンプリングされたデータを補間する場合,データ密度が画素位置により異なるため,カーネル関数の大きさを適応的に設計する必要がある.そのため,本論文では,カーネル関数の大きさを関数回帰の安定性に基づき適応的に設計する方法を提案する.更に,入力データと補間画像データを融合し,繰返し処理を行う方法も提案する.提案手法と従来の適応的カーネルを利用したカーネル回帰法と比較し,提案手法の有効性を確認した.