Web3Dサイバースペースで3DAgentのリアルな動きを実現する動作ストリームの高速送信方法

中 俊弥  望月 義幸  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J94-D   No.5   pp.821-829
発行日: 2011/05/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (サイバーワールド論文特集)
専門分野: コンピュータグラフィックス
キーワード: 
コンピュータグラフィックス,  バーチャルリアリティ,  エージェント,  Web3D,  ストリーム,  

本文: PDF(505.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文ではWebサイバースペース上で自然な動作を伴う3DAgentによる新たなWebコミュニケーションを目的とした動作データのリアルタイム伝送法について述べる.3DAgentの自然な動作を表現するために骨格階層型Nodeを定義し運動学を用いて動作を制御する.更に伝送路の実効帯域幅の変動に対して動作データをロバストに実時間伝送するため,人の骨格階層の優先度と動作の可動特徴の優先度とを考慮し多段階に離散化する"時/空間階層制御T-SHCM (Time-Space Hierarchical Compression Method)"を考案した.本手法を実装しMotion Captureした基本動作数十種類を用いて検証した結果,伝送路の実効帯域幅の変動に対しても実時間伝送が可能で,主観QoSを許容レベルで実現できることを確認した.その詳細を述べるとともに本提案方式を応用したWeb3Dの新たな応用について考察する.