電磁波散乱に対する遂次伝達法の基礎検討

加藤 初弘  木谷 昌経  加藤 初儀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J94-C   No.1   pp.1-9
公開日: 2011/01/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
逐次伝達法,  散乱,  透過率,  数値計算法,  

本文: PDF(429.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
逐次伝達法は,電子波に関して開発された方法であるが,波動の伝搬を逐次伝達行列により表現することで境界条件を一般化できる汎用性の高い数値計算法である.ここでは,電磁波散乱に関する定式化の詳細をまとめるとともに,導波管に設置されたスリットによるマイクロ波の透過率を解析することで,この方法の有効性を実証的に検討する.