導波管ポートと同軸線路ポートをもつ回路素子の散乱行列の未知スルー校正法を用いた測定

佐薙 稔  藤森 和博  野木 茂次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J94-C   No.12   pp.487-495
公開日: 2011/12/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (マイクロ波論文(大学発)特集)
専門分野: 
キーワード: 
マイクロ波,  散乱行列,  ネットワークアナライザ,  未知スルー校正,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
導波管ポートと同軸線路ポートをもつ回路素子の散乱行列要素の測定について検討した.ネットワークアナライザの同軸線路テストポートを導波管に変換するための変換器の特性を求めるために未知スルー校正法を用いた.校正の過程において,未知スルーとして用いる回路の透過係数の位相の値が±90°の精度で必要となる.そこで,未知スルーとして用いる同軸-導波管変換器を電磁界シミュレータを用いて設計し,計算された透過係数の位相の値を必要な既知の値とした.試作した変換器を用いて,導波管中に同軸プローブを挿入した回路素子の散乱行列要素の測定を行った.