先端開放インタディジタル結合器を用いた広帯域ブランチラインハイブリッド

大島 毅  柳 崇  深沢 徹  宮下 裕章  小西 善彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J94-C    No.10    pp.296-305
公開日: 2011/10/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
90°ハイブリッド,  ブランチライン,  広帯域整合,  平たん電力分配,  インタディジタル結合器,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,整合回路として先端開放インタディジタル結合器を用いた広帯域ブランチラインハイブリッドを示す.本ハイブリッドは,1/4波長ブランチラインの等価アドミタンスにload decrementに基づく整合法を適用することで,電力分配比の平たん性を含めた広帯域特性を得る.ハイブリッドを構成するブランチラインと先端開放インタディジタル結合器の各特性インピーダンスは,負荷抵抗と許容反射振幅を与えることで,広帯域に整合されるよう一意に求まる.ここでは,理想伝送線路による計算から設計チャートを示すとともに,トリプレート線路により2 GHz帯ハイブリッドを試作して有効性を検証する.測定の結果,比帯域幅42%において-18.5 dB以下の反射振幅及びアイソレーション,0.28 dB以内の分配振幅偏差,-90 ± 1°以内の分配位相差,0.56 dB以下の通過損失となる伝送特性が得られている.