固有ビームとパルスドップラーフィルタによるレーダ目標数推定方式

橋 龍平  平田 和史  真庭 久和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.4   pp.629-636
発行日: 2011/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 計測,探査
キーワード: 
到来方向推定,  目標数推定,  レーダ,  SIGNED,  固有値,  

本文: PDF(991.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
アレーアンテナを擁するレーダにおける到来方向推定では目標数推定が重要である.目標数推定法として,相関行列の信号及び雑音固有値の大小を利用する方法がある.ところが,低SNR (Signal to Noise Ratio)環境下では目標と雑音の固有値の差が明確にならないため目標数推定精度が劣化する問題がある.そこでレーダの受信信号が複素正弦波信号であることに着目し,固有ビーム出力に対しパルスドップラーフィルタを適用して得られる信号及び雑音MCI (Maximum Coherent Integration)値の大きさを利用して目標数推定を行う方法(Signal Number Detection by Eigenbeamforming and Doppler Filter:SIGNED)を提案する.提案法では,固有値を利用する場合に比べて低SNRにおける目標数推定精度が改善する.本論文では,提案のSIGNEDの詳細を示すとともに,計算機シミュレーションによる評価結果を報告する.