無線マルチホップネットワークにおけるスマートアンテナを用いた指向性傍受MACプロトコル

河井 政宏  宮路 祐一  上原 秀幸  大平 孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.4   pp.555-566
発行日: 2011/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークソフトウェア技術とその応用論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
アドホックネットワーク,  スマートアンテナ,  メディアアクセス制御,  指向性傍受,  

本文: PDF(1.4MB)>>
論文を購入




あらまし: 
無線通信システムの普及に従い,無線アドホックネットワークにおいて電子制御により指向性を制御可能なスマートアンテナの利用が注目されている.スマートアンテナを利用した通信は,空間利用効率の向上及び通信距離の拡張が期待できる.しかしその反面,スマートアンテナを利用することにより,全方位アンテナでは発生しなかった指向性隠れ端末問題とDeafness問題が発生する.本論文では,これらの問題に対処するため,指向性傍受MACプロトコルを提案する.指向性傍受MACプロトコルには,指向性傍受方式と切換型バックオフ方式の二つの機構が用意されている.指向性傍受方式は,ACKパケット受信後,宛先端末に対して指向性ビームを向けて傍受することにより,指向性隠れ端末問題に対処する方式である.切換型バックオフ方式は,自端末がDeafness端末である間はバックオフ間隔を固定することにより,Deafness問題に対処する方式である.計算機シミュレーションを行うことで,提案プロトコルが指向性隠れ端末問題とDeafness問題の影響を減少させ,スループット特性が向上することを示す.