周辺車両が車車間伝搬損特性に及ぼす影響に関する一検討

伊藤 健二  三田 勝史  高梨 昌樹  田所 幸浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.3   pp.455-467
発行日: 2011/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
ITS,  車車間通信,  伝搬損,  フィールド実験,  重回帰分析,  

本文: PDF(2.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在,日本における車車間通信は,5.8 GHz帯と700 MHz帯の二つの周波数で検討がなされている.車車間通信を利用するシステムの回線設計を考える際には,伝搬損特性を把握することが必要である.特に,送受信のアンテナ高が低いため,周辺車両による伝搬損の影響が大きいことが知られている.そこで,本論文では,二つの周波数帯を使用し,フィールド実験により,周辺車両による伝搬損と交通量との関係について検討する.送受信間に存在する車両台数と,伝搬損との関係を導出し,実際の交通環境におけるモデル化手法を提案する.