WINDS非再生中継モードにおける622 Mbit/s高速TDMA通信システムの開発とその性能

大川 貢  赤石 明  浅井 敏男  川崎 和義  橋本 幸雄  鈴木 龍太郎  高橋 卓  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.3   pp.392-401
発行日: 2011/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (衛星通信実験とその応用技術論文特集)
専門分野: システム
キーワード: 
WINDS,  非再生中継,  高速ネットワーク,  バーストモデム,  

本文: PDF(1.9MB)>>
論文を購入




あらまし: 
超高速インターネット衛星「きずな:WINDS (Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite)」が,宇宙航空研究開発機構(JAXA)と情報通信研究機構(NICT)により開発され,2008年2月23日,H-IIAロケット14号機によって打ち上げられた.NICTでは,WINDSの非再生中継回線を用いる622 Mbit/s高速ネットワークシステムを構築するため,ターボ積符号を使用した622 Mbit/s高速バーストモデムを開発した.WINDS打上げ後,NICTは,高速バーストモデムを使用した622 Mbit/s伝送実験を行い,WINDS非再生中継モードにおいて要求された伝送性能を満足することを確認するとともに,本モデムを使用し,高速ビットレートSS-TDMAシステムを構築し,その性能評価を行った.