軌道上におけるETS-VIII衛星の大形展開アンテナ放射パターンの評価

佐藤 正樹  織笠 光明  藤野 義之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B    No.3    pp.344-352
発行日: 2011/03/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (衛星通信実験とその応用技術論文特集)
専門分野: アンテナ
キーワード: 
ETS-VIII,  大形展開アンテナ,  移動体衛星通信,  

本文: PDF(2.3MB)>>
論文を購入



あらまし: 
ETS-VIII衛星は大形反射鏡アンテナを搭載し,給電部にはフェイズドアレー方式が採用されている.ここではこのアンテナの軌道上における放射パターンの評価結果について報告する.筆者らは,衛星が打ち上げられた後に軌道上において大形アンテナの展開と,ビーム形成回路(BFN)の正常動作を確認するために,衛星の姿勢をスキャンしてアンテナの放射パターンを測定した.また衛星軌道上における大形展開アンテナの特徴である反射鏡面の熱ひずみの影響と考えられる地球局受信レベルの変化が観測されたのでその内容と,フェイズドアレーアンテナの利点である電気的にビームをシフトさせる機能を用いてこの地球局受信レベルの変化幅を小さくする補正実験を実施したのでその結果について述べる.