可変長パケットにおける可変遅延線を用いたファイバ遅延線バッファの構成法

岩井 真人  小津 喬  高橋 達郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.1   pp.14-23
発行日: 2011/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 光ファイバ伝送
キーワード: 
ファイバ遅延線,  光パケットネットワーク,  可変遅延線,  可変長パケット,  

本文: PDF(1.3MB)>>
論文を購入




あらまし: 
光パケットネットワークへの適用が想定されるファイバ遅延線バッファでは,選択できる遅延時間が離散的になるため,パケット間に活用することができない無効なすき間(パケット間ギャップ)が発生する.本論文は可変長パケットの環境下で可変遅延線を導入することで,パケット間ギャップを約53%短縮し,スループットが約24%向上することを示した.また,FDLバッファの構成を変更することなく,可変遅延線の動作方法を変更することでパケット間ギャップを短縮し,スループットを更に向上させ,RAMに匹敵させることができることを示した.