衛星光通信の現状と展望

高山 佳久  豊嶋 守生  竹中 秀樹  門脇 直人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.11   pp.1443-1451
発行日: 2011/11/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 招待論文
専門分野: 
キーワード: 
宇宙光通信,  衛星間光通信,  衛星-地上局間光通信,  OICETS(きらり),  

本文: FreePDF(1.2MB)


あらまし: 
衛星通信において,将来の大容量伝送のための技術候補である光通信について述べる.これまでに衛星を用いて行われた実験の成功例を整理し,世界初を冠する三つの実験成果が日本の技術によって得られていることを示す.この中で特に,2005年に打ち上げられた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の光衛星間通信実験衛星(OICETS)と情報通信研究機構(NICT)の協力で実施した低軌道衛星と地上局間の双方向光通信実験に着目し,その成果を述べる.大気の影響を被る光通信の実施結果とともに,地上局に備えた大気の影響を低減する手法の効果を示す.また,世界的にも検討が加速されている宇宙光通信技術について,現在進行中の計画と宇宙機関の会合で最近始まった標準化の議論について紹介する.