超高速インターネット衛星(WINDS)用NS2モジュールの開発

山本 寛  駒田 元希  中村 勝一  高橋 卓  山崎 克之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.10   pp.1363-1372
発行日: 2011/10/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
WINDS(きずな),  衛星通信,  パケットロスパターン,  ネットワークシミュレータ,  

本文: PDF(681.8KB)
>>論文を購入


あらまし: 
本研究では,超高速のインターネット衛星WINDSの通信特性を再現できるネットワークシミュレータ(NS2)のモジュールを開発することを目的とする.そのため,WINDS上でTCPの基本的な通信特性の計測を行い,RTT,ジッタ,パケットロスの特性を明らかにした.これらの特性の中で,本研究では,特にTCPの通信性能に大きな影響を与えるWINDS上でのパケットロスの発生に着目した.評価結果を詳細に解析することで,パケットロスの原因である伝送路エラーがポアソン分布に従い発生することが分かった.また伝送路エラーが発生したときには,WINDS上の伝送フレームの構造が原因で,単体のパケットロスだけでなく複数パケットの同時ロスが高い頻度で発生することが分かった.このようなWINDSに特徴的なパケットロス特性をモデル化し,ネットワークシミュレータNS2のモジュールとして開発した.