ユビキタスネットワークにおける位置依存サービスのための高精度位置推定システムの提案と検証

服部 聖彦  中村 恭平  中嶋 信生  藤井 哲也  門 洋一  張 兵  高玉 圭樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J94-B   No.10   pp.1341-1350
発行日: 2011/10/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
ユビキタスネットワーク,  ad hoc通信,  高精度測位,  位置依存サービス,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,携帯ゲーム機やポータブルWi-Fiルータの普及により,ユーザの位置を積極的に利用したサービスが広がりつつある.しかしながら現在主流のGPSでは十分な精度とはいえず,その代替として電波や画像を利用した様々な手法が提案されてはいるが確立した手法がないのが現状である.本研究ではカメラ機能と無線通信機能を内蔵した携帯端末に着目し,二次元マーカ・画像処理による測位と電波強度を利用した測位の2手法をシームレスに併用した屋内測位手法を検討する.画像処理による測位では位置情報マーカが配置された場所でマーカを撮影・画像処理・デコードすることによって位置情報を取得する.この手法ではマーカ撮影時には高精度な測位が可能な反面,マーカが取得できない間は測位が行えない,すなわち離散的測位という問題がある.一方電波を用いた測位では常に受信して連続的に位置を推定することが可能ではあるが,電波の特性から高精度な測位が困難であるという課題がある.本研究ではマーカ・画像処理による測位手法に加え基地局電波強度をシームレスに併用し,連続的かつ高精度な測位を可能にする手法を提案する.提案手法の有効性を現実的な環境で検証するため実験による評価を行った結果,画像と基地局電波強度を併用した提案手法は電波強度のみを用いた既存測位手法と比較し,位置推定誤差が約半分以下に減少することが明らかになった.