食事動作に埋め込まれた発話行動の分析―3人の共食会話のインタラクションの動作記述―

武川 直樹  徳永 弘子  湯浅 将英  津田 優生  立山 和美  笠松 千夏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J94-A   No.7   pp.500-508
発行日: 2011/07/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (料理を取り巻く情報メディア技術論文特集)
専門分野: ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション
キーワード: 
共食会話,  発話交替,  発話,  視線,  食事動作,  

本文: PDF(597KB)>>
論文を購入




あらまし: 
人と一緒に食事をすることは人のコミュニケーションにおいて重要な役割を果たしているが,研究例は少ない.ここでは,3人が食事をしながら会話をする映像から食事動作,視線,発話の行動を定量的に調査して共食会話の構造を分析した.人は,共食会話中,一つの口を,食べる行動,話す行動のどちらかのために選択していると考えられたが,分析の結果,口に食べものが入っている状況でも他人の行動と自分の行動を照らし合わせて話すべきときには発話を行っていることが示された.食事によって会話に沈黙を生じないようにしていることが分かった.また,箸,食器をテーブルに置いて話す動作は食事の開始,終了以外では見られず,食事にも関与し続けることが分かった.以上の分析の結果,共食会話では会話を優先しつつ,食事をするという構造が明らかになった.