眼球の表面反射を用いたディスプレイ・カメラキャリブレーション

ニチュケ クリスティアン  中澤 篤志  竹村 治雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.8   pp.1450-1460
発行日: 2010/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 幾何学的解析・最適化
キーワード: 
キャリブレーション,  眼球,  ディスプレイ・カメラシステム,  

本文: PDF(4.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
平面ディスプレイを光源とみなし,光源パターンを様々に変化させた対象の画像をカメラで撮影し形状復元やHCIに利用する,ディスプレイ・カメラシステムの研究が行われている.このような用途ではディスプレイとカメラの幾何校正を行うことが必要であり,従来法では球面ミラー等の付加的なデバイスを必要とした.本論文ではこれに対し,ユーザの眼球の表面反射を利用することで,特殊なデバイスを必要とせず校正を実現する手法を提案する.本手法ではディスプレイでパターンを投影し,その反射した像をカメラで撮影することでディスプレイ座標とカメラ座標の対応関係を得る.次に,この対応関係と眼球モデル,及びディスプレイサイズの情報を用いて最適化を行うことで解を得る.11名の被験者を用いた実験及びディスプレイとカメラを様々な位置関係で配置した状況に対する実験を行い,本手法の有効性及び様々な状況下での性能を明らかにした.