eagerレプリケーションミドルウェアの並行制御方法

三島 健  中村 宏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.3   pp.232-240
発行日: 2010/03/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (データ工学論文特集)
専門分野: ストレージ 並列分散データベース
キーワード: 
eagerレプリケーション,  ミドルウェア,  スナップショット分離,  並行制御,  

本文: PDF(276.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,データベースレプリケーションの低コスト化や柔軟性向上を求めて,既存のデータベースサーバを無改造で使用できるレプリケーションミドルウェアの研究が盛んである.我々は,first-updater-winsルールが実装されているデータベースサーバに複数の更新命令を送信し,その応答をチェックすることでそれらの複数の更新命令のうち,コンフリクトしなかった,または,コンフリクトしても更新に成功した,更新命令を特定できるという特徴を利用して,タプルレベルで並行制御できるeagerレプリケーションミドルウェアPangea を提案している.しかし,常に上記のような特徴を利用できるとは限らない.そこで,我々は上記特徴を利用せずに並行制御を行うミドルウェアDV-SI を新たに提案する.また,DV-SIをプロトタイプに実装しTPC-Wベンチマークを使って性能を評価した.その結果,Pangeaを除く既存のミドルウェアよりも高い性能を実現できることが分かった.Pangeaの性能を超えることはできなかったものの,上記特徴を利用できるかどうかにかかわらずどんな既存のデータベースサーバでも無改造で使用できる高い汎用性を考えると,DV-SIの有効性は高い.