単位円特徴空間を用いた高速でコンパクトな三次元物体認識

木村 将之  天野 敏之  玉木 徹  星田 孝憲  奥川 裕之  梅崎 太造  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J93-D   No.11   pp.2505-2515
発行日: 2010/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
アピアランスベース,  姿勢推定,  パラメトリック固有空間法,  CLAFIC法,  

本文: PDF(896.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,画像対の相関から三次元物体の姿勢パラメータを推定できるEbC (Estimation-by-Completion)法を改良して,三次元物体認識を行う手法を提案する.本手法は,学習により物体ごとに得られる二つの画像ベクトル(EbC画像対)と入力画像の内積値により評価を行う.したがって,学習データを小容量にすることができ,また高速物体認識を実現できる.パラメトリック固有空間法との比較実験より,学習データの記憶容量を同程度に制限した場合及び疎な学習サンプルにおいては,パラメトリック固有空間法よりも精度の高いパラメータ推定ができることが確認された.