演算増幅器とCMOS論理ゲートによる微分形動作無安定マルチバイブレータに関する一考察

磯口 博  佐々木 博敏  宮崎 隆彰  藤本 邦昭  矢原 充敏  佐々木 博文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.8   pp.271-275
公開日: 2010/08/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
無安定マルチバイブレータ,  微分形動作,  演算増幅器,  CMOS論理ゲート,  

本文: PDF(249.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
演算増幅器とCMOS論理ゲートバッファ/コンバータを結合した微分形動作無安定マルチバイブレータは,両電源仕様及び単電源仕様いずれの演算増幅器を用いた場合にも,その微分入力電圧波形が不感領域に突入することもなく,最大定格を凌駕することもない構成とすることができる.また,この構成は発振周波数が演算増幅器の出力飽和電圧に影響されることがなく非常に簡単な数式で表されるとともに,Duty Factor 50%の正確な出力パルスを容易に得ることができる.