三角波変調による自己混合半導体レーザ速度計

猪狩 直志
木下 勝弘
三上 修

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C    No.7    pp.241-243
公開日: 2010/07/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
レーザドップラー速度計,  半導体レーザ,  自己混合効果,  ドップラーシフト周波数,  直接変調,  

本文: PDF(2.2MB)>>
論文を購入



あらまし: 
通常のLDVでは対象物が変位しない場合,照射されたレーザ光の周波数がシフトしないため,ドップラーシフト(ビート)周波数を得ることができない.しかし,LDを直接変調する方法を用いれば,LDVは戻り光がLDに戻ったときには発振周波数は戻り光の周波数とは異なっている.そのため,対象物が変位していなくてもビート周波数を得ることができる.これを利用すれば,速度方向の判別が可能となる.