SIW共振器装荷Q帯薄型導波管帯域阻止フィルタ

米田 諭  内田 浩光  田中 深雪  佐々木 拓郎  米田 尚史  小西 善彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.4   pp.113-118
公開日: 2010/04/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
ミリ波,  Q帯,  帯域阻止フィルタ,  導波管フィルタ,  SIW,  

本文: PDF(663KB)>>
論文を購入




あらまし: 
導波管で構成する帯域阻止フィルタ(BRF)として,結合孔を介して中空導波管と導波管キャビティを結合する構成が知られている.しかし,導波管キャビティが主導波管外部の突出物となるため薄型化が困難であり,また,結合孔と導波管キャビティ支持機構の実現に機械加工が必要なため,ミリ波帯への適用時に加工精度が問題となる場合がある.本論文では,これらの課題に対して新たに考案したSIW(Substrate Integrated Waveguide;ポスト壁導波路)共振器装荷導波管BRFについて報告する.本BRFは,複数のSIW共振器を備えた誘電体基板を中空導波管の上下面内壁へ貼付して構成しており,主導波管の外部に構成要素がないため従来例よりも薄型で,かつ,結合孔と共振器の支持機構が不要なため,従来例よりも簡易な構造を有していると考えられる.アルミナ基板を用い,47 GHz帯(Q帯)で本フィルタの試作評価を行った結果,2.4× 4.8× 12 mm3と従来よりも薄型の寸法で,比帯域約2%(約1 GHz)で50 dB以上の減衰量を有する,ほぼ計算どおりの良好な帯域阻止特性が得られた.