多電源ピンICのLECCS-coreモデルによる電源電流予測精度の検証

五百旗頭 健吾  東 亮太  津田 剛宏  市川 浩司  中村 克己  豊田 啓孝  古賀 隆治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J93-C   No.11   pp.516-520
公開日: 2010/11/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: ショートノート
専門分野: 
キーワード: 
EMC,  EMI,  LECCS-coreモデル,  マイクロコントローラ,  デカップリング,  

本文: PDF(1.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
ICの低雑音設計において設計初期段階におけるチップ,パッケージ,ボードの協調設計を実行するためには,計算コストが小さく秘匿性に優れるICマクロモデルが欠かせない.本論文では,三つの電源端子をもつマイクロコントローラのEMCマクロモデルであるLECCS-coreモデルについて,電源供給回路(PDN)のインピーダンスを0.4~50 Ωの範囲で変化させたときの電源高周波電流を予測した.その結果,300 MHz以下でインピーダンスの変化による電流変化の傾向を再現できた.この結果より,LECCS-coreモデルがモデル抽出時と異なるデカップリング条件においても有効であることを示した.