素子電界ベクトル回転法を用いたフェーズドアレーアンテナ校正法の校正精度に関する理論検討

中本 成洋  高橋 徹  大塚 昌孝  小西 善彦  青木 俊彦  西野 有  千葉 勇  谷島 正信  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.9   pp.1312-1321
発行日: 2010/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
フェーズドアレーアンテナ,  素子電界ベクトル回転法,  校正,  精度,  

本文: PDF(757.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
素子電界ベクトル回転法(REV法)を用いたフェーズドアレーアンテナの放射特性校正法に関して,その校正精度について検討した結果について報告する.本論文では,校正精度として,移相器通過特性誤差及びREV法測定系の信号対雑音比と校正後のビーム指向誤差標準偏差及び平均利得低下量との関係を明らかにした.シミュレーション及び実験により,校正精度の検証を行ったところ,理論式と対応した結果が得られ,導出した校正精度理論式の有効性が確認できた.これにより,本校正法により放射特性の校正を行った場合に得られる校正精度を評価できるだけでなく,また校正精度を考慮したREV法測定系の回線設計が可能となると考えられる.