1種類の菱形タイルを用いた非周期アレーアンテナ

牧野 滋  藤方 基  野口 啓介  廣田 哲夫  別段 信一  水澤 丕雄  遠藤 勉  佐藤 正人  片木 孝至  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.9   pp.1219-1228
発行日: 2010/09/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (高度化するワイヤレスシステムを支えるアンテナ・伝搬技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
非周期アレーアンテナ,  菱形タイル,  サブアレー,  グレーティングローブ,  

本文: PDF(2.8MB)>>
論文を購入




あらまし: 
フェイズドアレーアンテナに必要な移相器の数を低減するために,複数のアンテナ素子をサブアレーとし,サブアレーごとに移相器を設ける方法がある.通常の周期アレーでは,サブアレー間の間隔が1/2波長より大きくなるので,ビーム走査時にグレーティングローブが発生する.これを避けるために,複数個の形状や向きの異なるサブアレーを配列する非周期アレーが効果的であるが,このとき,サブアレーの種類は少ない方がよい.2種類の菱形タイルをサブアレーとして用いるペンローズタイルアレーについては既に報告されている.本論文では,1種類の菱形タイルをサブアレーに用いる場合のグレーティングローブレベルの低減効果について検討した結果を示す.