IPモビリティと複数インタフェースを用いたグローバルライブマイグレーション

渡邉 英伸  大東 俊博  近堂 徹  西村 浩二  相原 玲二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.7   pp.893-901
発行日: 2010/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (システム開発・ソフトウェア開発論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
仮想化技術,  移動透過通信,  ライブマイグレーション,  複数インタフェース,  

本文: PDF(572.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
仮想計算機(VM)を別の物理計算機上へ移動させる際,VMの処理中断時間を極力短くするライブマイグレーションが注目されている.ライブマイグレーションを拡張し,IP層における移動透過通信機能(IPモビリティ)をもたせることで,別ネットワークへの移行を可能にするグローバルライブマイグレーションが提案されている.しかし,既存方式ではVMの再構築時にIPモビリティ処理が実行されるため数秒以上の通信途絶が発生し,ライブマイグレーションとしての性能を達成できていない.本論文では,VMに複数のネットワークインタフェースをもたせ,マイグレーション前に未使用のインタフェースにあらかじめネットワーク設定を行うことで,通信途絶時間を大幅に短縮可能なグローバルライブマイグレーション方式を提案する.更に,本手法を実装し性能評価実験を行った.その結果,通信途絶時間が1秒以下であることを確認した.