可変遅延線を用いたファイバ遅延線バッファの構成法

岩井 真人  高橋 達郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.6   pp.813-821
発行日: 2010/06/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 光ファイバ伝送
キーワード: 
ファイバ遅延線,  光パケットネットワーク,  可変遅延線,  固定長パケット,  

本文: PDF(378.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光パケットネットワークへの適用が想定されるファイバ遅延線バッファでは,パケットが選択できる遅延時間が離散的になるため,パケット間に活用することができない無効なすき間(パケット間ギャップ)が発生する.本論文は可変遅延線を導入し,パケット間ギャップを短縮することにより,ファイバ遅延線バッファの性能向上を提案し,固定長パケットを対象にした詳しい制御方法と性能評価を示す.