電気的TDRとFDRを用いた外装光海底ケーブルの障害位置検出

小島 淳一  松本 重貴  浅川 賢一  浅見 徹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.6   pp.803-812
発行日: 2010/06/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 光ファイバ
キーワード: 
ケーブル障害位置検出,  光海底ケーブル,  共振周波数,  TDR,  FDR,  

本文: PDF(805.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光海底ケーブルの給電路の障害位置検出法として,電気的TDRとFDRがあるが,実際の障害箇所を同定するには,パルスの伝搬速度や位相速度を知らなければならない.しかし,同軸ケーブルと異なり,外装光海底ケーブルに関しては,構造や敷設環境が複雑なことから,これまで正確には知られていなかった.本論文では,外装光海底ケーブル伝搬特性の理論解析を行った.次に,FDRの測定結果と解析結果と比較するため,まず,TDRによって実際のケーブルの障害箇所を測定し,実際にダイバーを使って正確な障害位置を求めた.障害位置とFDR測定データを理論解析シミュレーション結果と比較することにより,外装鉄線層を比透磁率90の鉄チューブで近似することにより,位相速度や減衰量,入力インピーダンスなどの電気的特性がよく一致することが分かった.