ワイヤレスパーソナルエリアネットワークのシステム設計に適した回転軸対称なビームをもつアンテナモデル

豊田 一彦  安藤 真  飯草 恭一  沢田 浩和  関 智弘  西 清次  北沢 祥一  三浦 周  藤田 義次  内村 弘志  平地 康剛  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.5   pp.781-790
発行日: 2010/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
アンテナモデル,  ワイヤレスパーソナルエリアネットワーク,  無線PAN,  システム設計,  ミリ波,  

本文: PDF(633.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ワイヤレスパーソナルエリアネットワーク(無線PAN)への高速化の要求に対して,60 GHz帯ミリ波を用いた高速無線PANの開発及び標準化が進められている.ミリ波無線PANでは,伝搬損が大きいにもかかわらず,小さな送信電力での使用が前提となるため,利得の高い指向性アンテナの使用が必須となる.また,無線PANではマルチパス環境下での使用が一般的であるため,そのシステム設計にあたっては指向性アンテナのサイドローブ特性を含めた設計が必要となる.本論文では,このようなミリ波無線PANのシステム設計に適したアンテナモデルを提案する.本アンテナモデルは,3 dBビーム幅を指定することによってメインローブのパターン及び平均化したサイドローブレベルを与える数学モデルであり,後方を含めたサイドローブ特性を考慮したシステム設計を可能にするものである.