ITS通信における干渉抑圧のためのBPF付きPIアダプティブアレー

藤元 美俊  阿部 泰芽  堀 俊和  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.4   pp.702-710
発行日: 2010/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
アダプティブアレー,  干渉抑圧,  ITS,  地上デジタル放送,  移動通信,  

本文: PDF(851.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
日本における地上のテレビ放送は2011年7月にディジタル方式に完全移行する予定であり,その後710~770 [MHz]帯はITS (Intelligent Transportation System)と移動通信で使用される予定である.その際,ITS用の帯域は地上デジタル放送と移動通信の間に配置される.通常それらの電波が互いの通信に干渉することはないが,ITS機器を搭載した車両がテレビ放送の送信所付近を通過する場合や,車両の直近で携帯端末から送信する場合などはITS通信に干渉が生じるおそれがある.本論文では,この問題を回避するために,パワーインバージョンアダプティブアレーと帯域通過フィルタを組み合わせた干渉抑圧システムを提案する.提案システムは,帯域通過フィルタを用いて所望信号を除去し,これを用いて重み係数を決定した後,その重み係数をフィルタリング前の信号に適用するものである.はじめに提案システムの構成を示し,その特性を解析するための定式化を行う.次にフィルタ特性が理想的でない,すなわち,より一般的な状況における動作を解析する.解析を通して,フィルタにより所望信号成分を20 dB程度除去できれば提案システムは有効に動作することを示す.提案システムは到来波の周波数の情報のみを用いることから,到来方向や到来波強度などの情報を必要としない.更に,到来波に対するタイミング同期等も必要ないことから,伝搬状況が不安定なITS通信に適しているといえる.