複数端末環境下でのリアルタイムグループ通信におけるメディア同期方式

田坂 和之  今井 尚樹  磯村 学  吉原 貴仁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.4   pp.584-597
発行日: 2010/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (変革を続けるネットワークソフトウェア技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
次世代通信網,  メディア同期,  リアルタイム通信,  グループ通信,  

本文: PDF(633.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
次世代通信網では,音声通話やテレビ会議などのリアルタイムグループ通信の更なる普及や高度化が期待される.更に,ユーザが,端末や通信網などの通信リソースを選択,切換できることが望ましい.しかしながら,音声や映像など複数のメディアが異なる端末間で送受信されたり,通信リソースが切り換えられると,伝送遅延の差やジッタにより,映像フレームや音声フレームなどのメディアユニットの受信端末間でメディアユニットの出力遅延にずれが発生する.結果,各端末は,メディアユニットの生成時の時間関係を維持できずに出力する同期はずれを発生させ,例えば,ユーザ間の会話では音声と口の動きにずれが生じるなど,通信サービスの品質低下を引き起こす.そこで,本論文では,同期はずれを抑制するため,通信リソースが変化した場合でも出力遅延を算出するためのメディアユニットの出力時刻などを各端末間で送受信し,伝送遅延の差を抑制するメディア同期方式を提案する.また,メディアユニットの出力遅延の差などの観点から性能を評価した結果,測定値がメディア同期の規定範囲内という結果となり,複数端末環境下でのメディア同期を継続可能であることを示した.