分割放送スケジューリング方式における遅延揺らぎ特性の解析と その改善に関する一検討

青木 輝勝  安里 諒  沼澤 潤二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.1   pp.112-122
発行日: 2010/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 放送システム
キーワード: 
ビデオ配信,  ビデオ・オン・デマンド,  分割放送スケジューリング,  HB法,  遅延揺らぎ解析,  

本文: PDF(416.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,NGNやIPTVの標準化並びにその研究開発の進展に伴い,次世代映像配信サービスへの期待が高まっている.このような各種次世代映像配信サービスのうち,需要が高いと期待されるサービスの一つにVoDが挙げられる.このため,近年VoDを簡易に行うことが可能な分割放送スケジューリング方式が注目を集めている.しかしながら,分割放送スケジューリング方式は一般に,理論的にはエレガントである反面,実装や運用が困難であるといわれており,実際,実装や運用を考えるとその問題は山積している.本論文では,これらの問題のうち最重要課題の一つである遅延揺らぎ特性について解析を行い,遅延揺らぎ耐性を高めるための指針を示すとともに,そのための具体的な方策についても議論する.