多層媒質モデルを用いたペースメーカ装荷型アンテナの特性解析

高橋 応明  中田 智史  齊藤 一幸  伊藤 公一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J93-B   No.12   pp.1636-1643
発行日: 2010/12/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ・伝搬
キーワード: 
インプランタブルアンテナ,  板状逆Fアンテナ,  心臓ペースメーカ,  MICS,  FDTD法,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
心臓ペースメーカが動作プログラムの更新を行う際に,従来用いられてきた電磁結合方式に代わる通信方法として,体内植込み型アンテナを用いて外部機器との間で通信を行うシステムが提案されている.そこで筆者らは,体内植込み型医療用データ伝送システムに割り振られている402~405 MHz帯を利用した心臓ペースメーカ装荷型アンテナを検討してきた.本論文では,人体の組織構造が心臓ペースメーカ装荷型アンテナ諸特性に及ぼす影響を評価するため,多層媒質直方体モデルを用いてアンテナ諸特性の数値解析を行った.更に,心臓ペースメーカ装荷型アンテナを高精細数値人体モデル内部に設置し,数値解析により本アンテナの有効性並びに多層媒質直方体モデルの妥当性を検証した.その結果,多層媒質直方体モデルを用いて設計したアンテナは,人体モデルに植え込んでもペースメーカ装荷型アンテナとして有効であることを確認した.