観測データ間の相関を利用した統合復号法へのADCビットレベルに応じた相関推定の適用

小林 健太郎  山里 敬也  片山 正昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J93-A    No.5    pp.353-364
発行日: 2010/05/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
統合復号,  相関推定,  推定誤差,  ADCビットレベル,  無線センサネットワーク,  

本文: PDF(512.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
無線センサネットワークでは高い観測精度を得るために多数のセンサノードを密に配置することが多く,各ノードの観測データは互いに相関を有する.本論文では,センサノードで得られる観測値がADCを通じてバイナリー形式で得られることに着目し,ADCビットレベルごとに送信データ間の相関を推定して利用できる統合復号法を提案する.従来復号法における相関推定を単純にビットレベルごとに分割するだけでは推定精度が低くなり復号特性が劣化する.相関の推定誤差の解析を行い,ビットレベルごとの相関推定において生じる問題点を明らかにする.推定誤差の解析に基づき,相関の推定に簡単な工夫を施すことで大幅な復号特性の向上が得られる方式を提案する.提案方式は,ビットレベルごとに相関の大きさや正負が異なる環境下でも高い復号特性を得られることを示す.