音響データハイディングを用いるスピーカ再生音と同期した情報呈示システム

西村 明  坂本 真一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J93-A   No.2   pp.91-99
発行日: 2010/02/01
Online ISSN: 1881-0195
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (マルチメディア情報ハイディング技術とその応用論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
透かし,  客観的音質評価,  シミュレーション,  カラオケ,  残響,  

本文: PDF(283.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
振幅変調に基づく音響データハイディング技術を用いて,スピーカから再生される音に同期して情報を呈示するシステムを提案する.振幅変調に基づく音響データハイディング技術の特徴は,数秒の埋込時間フレームを用いて,広い周波数範囲にデータを埋め込むことによって残響や反射音,変動する付加雑音に対して頑強な点である.データ埋込済み音楽信号に対してPEAQを用いた音質劣化の客観評価を行った結果,劣化は平均的に「やや気になる」以下であることが分かった.また,データ埋込済み信号への残響及び背景雑音付加,入力過大による振幅制限,カラオケ伴奏と同期した歌詞表示利用を前提とする歌唱音の重畳による検出力への影響を,コンピュータシミュレーションによって調べた.その結果,それらの変形を経た信号からも,十分埋込データの検出は可能であり,表示の時間制御のもととなるデータフレーム境界時刻の検出精度も十分であることが分かった.