SPARC64TMプロセッサ設計用CADシステムの開発

伊藤 則之  小松 裕成  吉田 裕司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.9   pp.1495-1507
発行日: 2009/09/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (知識基盤社会を支える情報技術論文特集)
専門分野: VLSIシステム
キーワード: 
プロセッサ,  CADシステム,  カスタム設計,  タイミング設計,  配線,  

本文: PDF(2.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
民生機器のエレクトロニクス化に伴い,ASIC (Application Specific Integrated Circuit)設計は世界全体で毎年4000近く開始されている.一方,社会の情報システムを支えるPCやサーバなどのコンピュータに搭載される高性能なプロセッサの設計数は限られている.これは,高性能なプロセッサ設計では,高い動作周波数を実現する設計上の難しさがあるためである.プロセッサ設計において高性能化を実現するためには,設計・回路・半導体プロセスそれぞれの技術開発とともに,適用されるCAD (Computer Aided Design)システムも一つの重要な要素となる.本論文では,社会のIT化の一端を担うUNIXサーバ用SPARC64プロセッサの設計を支援するCADシステムについて述べる.本CADシステムの特徴は,カスタム設計を用いたタイミング設計における高性能化の支援にある.これまで,4種類のSPARC64プロセッサ設計に実際に適用され,その有効性が確認された.