Spatio-temporal volumeを用いた繰返し処理のグラフカットによるビデオセグメンテーション

永橋 知行  藤吉 弘亘  金出 武雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.8   pp.1339-1348
発行日: 2009/08/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: メディア処理
キーワード: 
物体抽出,  ビデオセグメンテーション,  グラフカット,  

本文: PDF(2.2MB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,Spatio-temporal volumeを用いた繰返し処理のGraph Cutsによる高精度なビデオセグメンテーション法を提案する.入力された動画像を時空間データとみなし,Mean Shiftクラスタリングを行いSpatio-temporal volumeを作成する.Mean Shiftクラスタリングのバンド幅を変化させてSpatio-temporal volumeを作成し,バンド幅が大きなものからGraph Cutsによりセグメンテーションを行う.セグメンテーション結果から空間的確率と色分布確率を計算し,それらを次のGraph Cutsのt-linkに利用することで,初期段階で得られる大域的な情報を局所的な情報へ伝搬させる.これらを繰返し処理することにより,大まかなビデオセグメンテーションから段階的に精密なビデオセグメンテーションを実現する.評価実験により,各ピクセルをノードとする従来法と同程度のセグメンテーション精度において,約1/25までグラフサイズを削減させることができた.