重なり格子を用いた水のビジュアルシミュレーション

小林 敏泰  土橋 宜典  山本 強  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.2   pp.247-254
発行日: 2009/02/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: コンピュータグラフィックス
キーワード: 
,  流体力学,  重なり格子,  ビジュアルシミュレーション,  

本文: PDF(812.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
コンピュータグラフィックス(CG)の分野において物理シミュレーションに基づく水や煙,炎などの流体現象の可視化に注目が集まっている.このような流体を表現するため,シミュレーション空間に格子を発生させて数値流体解析が行われる.しかし,移動物体を含む流体のシミュレーションにおいては,移動物体と流体との相互作用を表現するには膨大な計算コストを要する.このような問題を解消する手法として,重なり格子を用いた流体解析手法が提案されている.これはシミュレーション空間全体を覆う全体格子と物体周囲を覆う局所格子という複数の重なり合う格子を用いて情報交換しながら流体解析することで効率的に計算を行う手法である.本研究では,流体の一つである水に着目し,移動物体を含むシミュレーションにおいて重なり格子法を適用することで効率良く計算を行う手法を提案する.