超解像処理のための複数モーションに対応したロバストかつ 高精度な位置合せ手法

矢口 陽一  田中 正行  奥富 正敏  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J92-D   No.11   pp.2033-2043
発行日: 2009/11/01
Online ISSN: 1881-0225
DOI: 
Print ISSN: 1880-4535
論文種別: 論文
専門分野: 画像・映像処理
キーワード: 
レジストレーション,  領域分割,  画質改善,  

本文: PDF(1.6MB)>>
論文を購入




あらまし: 
超解像処理は,複数の低解像度画像間の精密な位置合せ処理を必要とする.しかし,撮影された低解像度画像には異なる複数の移動体が含まれることが多い.従来のモーション推定手法では単一のモーションを仮定していることが多く,複数のモーションを含む画像の位置合せは不正確になる.また,単一モーションの移動体領域だけに処理を行うとしても,初期パラメータや単一モーションの移動体領域を操作者が指定する必要がある.本論文では,複数のモーションを含む複雑なシーンにおいてロバストかつ高精度な位置合せを行う手法を提案する.提案手法の位置合せ処理では,まず,(a)特徴点ベースモーション推定処理を応用し,複数のモーションパラメータをロバストに推定する.次いで,(b)領域の抽出処理を行う.更に,(c)領域ベースモーション推定処理により,モーションを高精度に推定する.このような一連の処理を行うことで,複数のモーションと領域をロバストかつ高精度に推定する.提案手法の位置合せ処理を利用して,超解像処理を行い,提案手法の有効性を実験的に確認した.