携帯電話用システムLSIの適正構成に関するシステムデザイン手法の基礎的検討

岩田 剛治  多屋 淳志  佐藤 了平  岡本 和也  工藤 啓治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J92-C   No.11   pp.688-694
公開日: 2009/11/01
Online ISSN: 1881-0217
DOI: 
Print ISSN: 1345-2827
論文種別: 特集論文 (次世代電子機器における先端実装技術と環境調和型実装技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
システムデザイン,  SoC,  3DSiP ,  携帯電話,  ラフデザイン,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯電話用システムLSIなどの複雑なシステムの価値の最大化を短期間で図るためのシステムデザイン手法を,物理的,経済的な限界が近づくシステムLSIを対象に,設計初期段階でのコストパフォーマンスに最も影響を与えるシステムLSIの適正構成(SoC,SiP,…)の技術選択を取り上げて検討を行った.その結果,システムLSIの評価指標として,これらを構成する要素を考慮した評価指標 SDSI-C (System Design & System Integration Coefficient)を提案し,その構成重要要素として,性能と消費電力,体積,製造コストからなる簡易評価式をパラメトリックに導出した.そして,次世代のアプリケーションシステムLSIの構成としてSoCと3DSiPの2方式を評価したところ,65 nm世代以降では1世代前の3DSiPが有利になることを示した.