無線メッシュネットワークにおけるふくそう制御用シグナリングと連携した迂回経路構築アルゴリズム

西沢 耕太郎  山本 尚生  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.9   pp.1500-1512
発行日: 2009/09/01
Online ISSN: 1881-0209
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
無線メッシュネットワーク,  ふくそう制御,  迂回経路,  負荷分散,  複数MPP環境,  

本文: PDF(640.3KB)
>>論文を購入


あらまし: 
無線メッシュネットワークは容易な拡張性から広域なエリアをカバーする公衆アクセスネットワークとしての可能性を秘めている.面的に拡大された無線メッシュネットワークにおいてトラヒックのふくそう制御が重要な課題となる.ネットワーク規模が増大すると,迂回経路の構築による経路拡大型のふくそう制御が可能となり,ふくそう発生の要因となっているフローを考慮したふくそう制御が必要となる.本論文では,迂回経路によるふくそう制御法として,従来のリンクバイリンクのふくそう制御の起動を想定して標準化仕様が規定されているシグナリングメッセージと連携して迂回経路を構築するアルゴリズムを提案する.その際,無線通信特有のさらし端末問題等の発生を防ぐため,ふくそう状態のノードへの無線干渉を回避する迂回経路を構築する.提案方式により,トラヒック負荷や偏りに対し疎通性能を維持できることを示す.規模の増大に伴い,同一の無線メッシュネットワークに複数のMPPが存在する環境が想定される.提案方式によりMPP間の負荷分散も可能なことを示す.