ネットワーク・端末総合系におけるTCPスループット上限値の導出

伊藤 正也  木下 和彦  戸出 英樹  村上 孝三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.7   pp.1098-1112
発行日: 2009/07/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 論文
専門分野: 基礎理論
キーワード: 
TCP,  スループット,  MTU,  帯域,  遅延,  

本文: PDF(1.1MB)>>
論文を購入




あらまし: 
種々のネットワーク環境下において信頼性の高いデータ通信を提供するプロトコルとしてTCPが広く用いられている.TCPを用いた通信におけるエンドシステム間のスループットは,ネットワーク遅延とパケットロス率に依存することが知られており,これまでに,その上限値を求める研究が多数行われてきた.一方,近年のネットワークの高速・広帯域化により,これまでは無視されてきた端末内部での遅延も考慮する必要が生じてきたが,既存の研究ではこの点に言及した評価はなされていない.そこで本研究では,端末内部も含めたエンドツーエンドシステムにおいて,端末PCのハードウェア構成,フロー制御,ふくそう制御メカニズムとネットワークのパケット最大転送サイズで規定されるTCPスループット上限値を理論的に求め,従来の遅延時間に反比例する上限値とは異なる精度の高い限界上限値を示すとともに,実測値との比較評価を行う.