バースト長を考慮した確定的なend-to-endパケット遅延上界

久保 奈津美  中川 健治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.5   pp.892-897
発行日: 2009/05/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
確定的遅延上界,  DiffServ,  トークンバケット,  LRサーバ,  

本文: PDF(330.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ネットワークにおけるパケットのend-to-end確定的遅延に対する上界について考察する.確定的遅延上界の研究として中村[1],Kim[2],Cruz[6],Jiang[7]等がある.本研究では,多重フローの入力リンク容量がターゲットフローの入力リンク容量より小さいネットワークについて考える.そして,ターゲットフローの最大バースト長が多重フローの最大バースト長より短い場合,提案する上界が中村[1]による上界より精度良い上界が得られることを示す.