複数マルチキャストを用いたIP放送の高速チャネルザッピング手法

佐々木 力  田上 敦士  長谷川 輝之  阿野 茂浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.4   pp.615-623
発行日: 2009/04/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (ネットワークを支えるソフトウェア技術論文特集)
専門分野: ネットワーク基盤ソフトウェア技術
キーワード: 
マルチキャスト,  IP放送,  高速チャネルザッピング,  

本文: PDF(946.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,IPマルチキャストを用いた放送サービス(IP放送サービス)が広く提供されている.本サービスでは,電波によるアナログ放送とは異なりチャネル切換(チャネルザッピング)に数秒かかるという問題がある.この原因の一つとして,ジッタ吸収や各種デコーディングを目的としたSTB(Set Top Box)でのデータバッファリングが挙げられる.従来,このバッファリング時間を短縮するためにザッピングの瞬間に専用サーバから付加的なユニキャスト転送を行う手法が提案されている.しかしながら,ユニキャスト通信をベースとしているため,番組終了やCMを契機に多数の視聴者からザッピング要求があると,ネットワークやサーバに瞬間的な負荷がかかってしまう.そこで本論文では,IP放送のような多数の視聴者を対象とした映像配信サービスにおける同時ザッピング時の負荷を緩和するために,バッファリングの加速化を追加マルチキャストにより実現する高速チャネルザッピング手法を提案する.試作装置を用いた評価では,商用サービスのザッピング遅延を最大で1秒程度短縮できることを確認した.