多対多マルチメディア通信のための反復型アプリケーション層マルチキャストトリー構成法

長田 俊明  牧志 純  北形 元  木下 哲男  白鳥 則郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J92-B   No.1   pp.98-108
発行日: 2009/01/01
Online ISSN: 1881-0209
DOI: 
Print ISSN: 1344-4697
論文種別: 特集論文 (通信技術の未来を拓く学生論文特集)
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
アプリケーション層マルチキャスト,  オーバレイネットワーク,  多対多マルチメディア通信,  データ配信木,  

本文: PDF(652.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アプリケーション層マルチキャスト(ALM)において発生する利用者端末ごとの通信品質の偏りを段階的に改善する,反復型ALMトリー構成手法を提案する.本方式の特徴は,異なった帯域のアクセスリンクが混在するネットワーク環境において多対多マルチメディア通信を行う際に,低ビットレートで受信している利用者端末の受信ビットレートを段階的に増加させ,利用者端末間の公平性を向上できる点にある.具体的には,各利用者端末が自律分散的かつ局所的にトリーの再構成を反復して行い全端末中で下限となる受信ビットレートの値を底上げすることで,端末間の受信ビットレートの偏りを軽減し,かつ全体での通信品質を改善する.計算機シミュレーションを用いた評価実験の結果,本手法は,既存手法と比べ受信ビットレートの最小値を1.31倍に向上し,かつその標準偏差を既存手法の1/4以下に抑えられることを確認した.